HIKARI CATALOGUE No.18~
9/360

取り付け方法ご注意①付属の石膏ピンを使用●石膏壁への取り付けは、付属の石膏ピンで取り付けしてください。●取り付け位置を決め、四隅にコインなどの平らな面を持つ金具を使って石膏ピンを押し込む(もしくは打ち込む)だけで、簡単に留めることができます。●ピンの頭がボードとフラットになるまで、しっかり押し込んでください。●取り外しも簡単で、抜き跡が目立ちません。②ホットメルト●取り付ける壁面に養生テープを貼り、その上に市販のホットメルトで取り付けます。直接傷つけたくない壁面に有効です。●本来の用途以外には使用しないでください。●火のそばで使用しないでください。●小さなお子様の手の届かない所に保管してください。(石膏ピン誤飲の危険の為)●生産ロットにより多少色目が異なる場合もあります。③マジックテープ●取り付け面がコンクリート壁などに有効です。取り外しの際に適しています。NEW3吸音カラー硬質フェルトボード吸音カラー硬質フェルトボード部材参考上代には、消費税は含まれておりません。特性用途比較表音源の近くで音のあたる場所にご利用頂きますと室内の高音部の反響音を吸収し、聞き取りやすい音に!インテリアに!ピンボードとしてもご利用頂けます!又、ご使用頂きますと整音の効果があります。■残響室法吸音率試験《人の話し声》通常100~1000Hz音の周波数の目安日常の一般的な音を約35~60%吸収します!人間が不快に感じる高い音を約60~80%も吸収します!吸音率1250.00.10.20.30.40.50.60.70.80.91.0250500100020004000周波数(Hz)※(一財)日本建築総合試験所での試験結果です

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る